看護師長の業務内容

看護師長.com >> 看護師長の退職金

看護師長の退職金

やがて来る退職の時。看護師長というポジションでは、退職金はどのくらいになるのでしょうか?一般的にイメージできるように、やはり普通の看護師よりも支給額は大きくなることが多いようです。ただし、原則としては看護師と同様、「基本給」と「勤務年数」に応じて計算されることがほとんどです。つまり中途採用などで入ってきた看護師長の場合、勤務年数がそれほど長くなければ、退職金もそれに準じた額となります。看護師であっても看護師長であっても、退職金が発生するのは「最低3年以上の勤続年数」がある場合、というのが医療業界の常識です。もっとも多い計算方法は「最終の基本給(月収)×勤続年数」というもの。病院によっては、そこに「功績倍率」が掛けられることもあります。役職によっては2倍、3倍となることもあるようですが、実際に自分の倍率を把握している人は少なく、支給されてみて初めて分かったというケースもよくあることです。看護師長の場合、看護部長ほど倍率は高くないでしょうが、それでも普通の看護師よりは数字が大きくなるでしょう。その他、単純に勤務年数に応じて額が固定されている病院もありますし、独自の算出方法を設けている病院もあります。就職や転職を考える方は、事前に確認をとっておきたいところですね。

以上は民間・私立病院の場合であって、公立・国立の場合は、公務員という立場になりますので、最初から退職金が明示されています。定年まで勤めた場合、3,000万円前後というのが相場です。一般的に見ても、かなり高額な部類に入るといえるでしょう。国公立・私立問わず、定年より前に退職する場合も、それぞれ額が定められているはずですので、3年以上勤めた病院を退職する場合は、総務部などに確認してみましょう。中には退職金制度を設けていない医院もあります。その分、月々の給与が割り増しになることが多いのですが、就職や転職をする際には、そのあたりのこともしっかり調べる必要があります。最初から退職金を目当てに働くわけではなくとも、自分のモチベーションを高めるためには1つのポイントとなりますし、後から揉めるのはイヤなものです。

しかし実際は、「まだ勤める前から退職金の話はしづらい」という方も多いと思います。大切なお金のこととはいえ、給与ではなく退職金となると、あまりに遠い先のことで切り出すのが難しいようです。そんな時のためにも、看護師長として転職を考えている方には、転職サイトやエージェントに登録することをおすすめします。個人で活動をするよりも良い案件を見つけやすくなりますし、退職金についても代行で確認・交渉をしてもらえることが多いからです。その他、職務経歴書の書き方に対するアドバイスや、気になる職場の情報収集といったサービスもありますので、ぜひ活用したいですね。

看護師長求人サイトランキング!ここが人気のサイト!

  サービス名 利用料 運営企業 オススメ度 詳細
ナース人材バンク 無料 株式会社
エス・エム・エス
★★★★★ 詳細



>>看護師長求人サイトランキング!・2位以降を見る


Copyright (C) 2012 - 2015 看護師長.com<※看護師長の転職事情などを幅広に掲載中> All Rights Reserved.