看護師長になるには

看護師長.com >> 看護師長の年収・給料

看護師長の年収・給料

専門職の看護師さんのお給料や年収はハイクラスのイメージがありますよね。実際のところ、労働時間も多ければ、患者さんの医療や時には介護、精神的なケアから患者さんの運搬まで、大変な重労働ですから、割に合ったお給料をもらっているのでしょうか。

看護師を目指す方には、将来のキャリアプランまでしっかりと立てている向上心の強い方が多いのではないでしょうか。看護系の社会で出世しながら一生働きたいと希望されている方も多くいらっしゃいます。看護師になるからには、将来看護師長、看護部長へと昇進して行きたいと考えている方も多いことでしょう。

看護師長の給料は45歳平均で月収45万円、手当やボーナスを含める年収は650万〜700万円平均だと言われています。40歳代の事務職の平均年収がおよそ280万〜300万前後だと言われていますので、事務職や一般職の女性のおよそ2倍以上の月収・年収だと言えますね。

看護師長は、大学病院や大規模な総合病院の他にも個人医院やクリニックなどにも役職がありますし、病院や職場規定により差がありますが、クリニック勤務の看護師長の平均年収はおよそ600万〜650万円程度です。

大規模な病院より若干下がりますが、女性の一般職と比べるとだいぶ差があります。それだけ責任や能力が求められる業務だと言えますが、やりがいのある職位と言えましょう。

また、看護部のない病院では看護部長が看護師の最高責任者となるため、クリニックによっては年収700万円以上のところもあり、また、大学病院で経験年数の長い看護師長クラスでは、年収1000万円を超すと言うところもあります。

2010年4月の保健師助産師看護師法および看護師等の人材確保の促進に関する法律改正に伴い、看護師の国家試験受験資格として「4年生大学卒」が基本となり、少子高齢化や高学歴社会の進展に伴い、看護師長等の管理職クラスの基礎教育が、大学院卒化へとなることが予想されています。このような看護界の高学歴推進制度から、専門職の看護師の月収や年収なども増加していくことになるのでしょう。

昨今の不況の折ですが、これだけ医療業界の人材不足のゆえ、看護師にスポットを当てられる時代となっていることに注目すべきですね。一昔前の看護師さんは、女性の花形として憧れる職業と言うイメージでしたが、これからの世の中、一番需要の高い職業となること間違いないようですね。

男性看護師を目指される方もますます増加することを期待して、看護師とは女性の職業だというイメージを変えて行かなければなりません。将来看護師界で活躍をしたいと希望している現在中学生や高校生の方は、期待の星の対象とされることでしょう。

看護師長求人サイトランキング!ここが人気のサイト!

  サービス名 利用料 運営企業 オススメ度 詳細
ナース人材バンク 無料 株式会社
エス・エム・エス
★★★★★ 詳細



>>看護師長求人サイトランキング!・2位以降を見る


Copyright (C) 2012 - 2015 看護師長.com<※看護師長の転職事情などを幅広に掲載中> All Rights Reserved.