看護師長の年齢

看護師長.com >> 看護師長の転職と年齢

看護師長の転職と年齢

看護師長の年齢は、平均的に46歳程度、40代から50代というのが一般的ですが、病院や施設によっては20代後半から30歳前後で看護師長になられている方もいらっしゃいます。

年齢的に言えば、20代から30代では看護主任を任されているケースが多いのですが、勤務年数や経験だけで管理職になれるとは限りません。

看護師長の役割と言えば、看護業務の手本となるだけでなく、後輩や新人看護師の教育・指導や、個人の特性を活かしながら円滑にチームワークをまとめて行く組織管理者としてのリーダーシップ性やマーネージメント能力、また、経営能力の視点からも一つの組織としての目標をクリアしていくなどのさまざまな任務を任せられます。看護業務的にも、人柄的にも、後輩看護師からのお手本とされるような管理職であることが理想と言えます。

採用後、病院の即戦力となることが期待される看護師長に求められる条件は、やはり看護業務の経験でもあり、もうひとつは人生経験という点も求められるでしょう。

色々な患者やその家族と密接な関わりを持つ看護師のリーダーは、患者の看護はもちろん、患者や家族の悩みや相談を受けることも時にはあるでしょう。そんな時は、適切なアドバイスをしたり、支えになる力も必要だと思います。

看護の知識や技術は、若くても優秀な看護師長になれるかもしれませんが、人生経験が伴うことも備わっていることで、患者から信頼を得て、同僚の看護師から人望をあつめることになるでしょう。

そのような人材を求められるという点から、やはり、看護師長の応募条件には、経験年齢10年以上や、診療科での勤務年数が5年以上などの条件がつけられていることがあります。

元来、看護師長の求人情報は非常に少なく、稀に見られる求人情報には、非公開求人がほとんどです。看護師長の転職希望者が、タイミング良く求人情報を見かけて、情報提供先に問合せをしてから詳細な情報を案内されるということがあると思います。

いざ問合せをしてみると、経験年数が足りないということなどがあれば、転職意欲が薄れてしまうかもしれませんね。このようなことにならないために、詳細情報は事前に明確に把握しておくことが重要です。

看護師長のように管理職の転職の場合、自分一人で探すことはお奨めしません。大手の信頼出来る看護師専門の求人エージェントを活用することが効率的です。管理職の求人は非公開がほとんどですが、登録した会員限定で非公開の求人案件を紹介してるため、思わぬ求人に出会える可能性もあり得ます。

看護師長求人サイトランキング!ここが人気のサイト!

  サービス名 利用料 運営企業 オススメ度 詳細
ナース人材バンク 無料 株式会社
エス・エム・エス
★★★★★ 詳細



>>看護師長求人サイトランキング!・2位以降を見る


Copyright (C) 2012 - 2015 看護師長.com<※看護師長の転職事情などを幅広に掲載中> All Rights Reserved.