看護師長の業務内容

看護師長.com >> 看護師長の業務内容

看護師長の業務内容

看護師長とは、看護部全体をまとめる現場のトップリーダーであり、一般企業で言うと部長のような立場に当たります。

病院師長の具体的な業務内容とは、病院の規模や看護部の人数にによって異なりますが、看護部の責任者として、

・看護部の目標や方針などを看護部長として期間的に打ち出し計画を立てる
・看護部組織の見直しを立て病院全体の改善に反映させていく
・看護部の目標を年ごとに具体化して部下の教育をする
・人事管理および業務管理
・医療事故防止について責任と権限を持つ
・病院内の他部署との伝達・調整など


組織においてのさまざまな問題を、現状の調査を行いデータを取りながら分析し、改善するようにして行くことが看護師長の職務と言えます。

また、看護師長は人事管理も任されますので、看護部スタッフの求人の応募、面接、採用も行わなければなりません。
患者に質の高い医療・技術を提供できる優秀な看護師を募集するのも看護師長の業務であり、また、若手の新米看護師が早期に離職しないように現場に定着させて行くことも看護師長の重要な職務なのです。

看護師長として、部下に模範的な職務を遂行し、管理者として時にスタッフの相談を受けアドバイスをしたり、時には叱咤激励をしながら信頼を得ることも看護師長として必要です。また、医療技術の進歩に伴う技術革新と複雑なヘルスケアの規制に対処する必要があります。

日々進化していく昨今のヘルスケア提供システムの知識を習得することは看護師長としての目標を設定することが出来るのです。

看護師長のことを、英語で「ナースマネージャー」と言われるように、看護師長は、担当部署のマネジメントを任されているということになります。

部署の目標に向かってスタッフたちが個々に持つ特性や専門性を十分に発揮できるよう、働きやすい業務環境に改善し、労務環境を整え、スタッフの能力開発、人材育成を行います。看護師長の仕事とは、どちらかと言うと、スタッフを持ち上げる縁の下の力持ち的な存在と言えますね。

看護部と言う組織の目標は、「より質の高いヘルスケアを患者さんに提供すること」であり、そして実際に質の高いヘルスケアを提供するのは、管理職ではなく、スタッフなのです。すなわちスタッフが専門性を発揮できるような環境作り・組織作りが必要となります。

ですから、看護師長の直接的な職務内容とは、患者さんと直接関わる最前線のスタッフの仕事を陰ながら支えることなのです。

看護師長求人サイトランキング!ここが人気のサイト!

  サービス名 利用料 運営企業 オススメ度 詳細
ナース人材バンク 無料 株式会社
エス・エム・エス
★★★★★ 詳細



>>看護師長求人サイトランキング!・2位以降を見る


Copyright (C) 2012 - 2015 看護師長.com<※看護師長の転職事情などを幅広に掲載中> All Rights Reserved.