看護師長で活きる資格は?

看護師長.com >> 看護師長で活きる資格は?

看護師長で活きる資格は?

看護師長になるために、どうしても必要となる資格はありません。まずは看護師としてのスキルを高めることが第一になります。しかしその中で、取得しておいたほうが有利にはたらく資格はいくつかあります。そのうちの1つが「認定看護師」です。幅広い知識と熟練した看護スキルをもつ看護師のことで、他の看護師に指導することもできます。資格を得るためには、日本看護協会が開催する「認定看護師認定審査」に合格しなければなりません。申請するためにはいくつかの条件があり、看護師の場合は看護師免許をもっていることや実務経験が5年以上あることが必須となります。その上で、認定看護師教育機関で指定された半年の教育課程を修了し、筆記試験に合格しなければいけません。

認定看護分野としては、たとえば救急看護や集中ケア、緩和ケア、訪問看護、糖尿病看護、乳がん看護、小児救急看護など細分化されており、それぞれ希望の分野の教育と試験を受けることになります。看護師として働きながら資格を得る勉強をするのはなかなか大変なものですが、医療機関の中にはキャリアアップの支援として助成金を出したり、勤務調整をしてくれるところもあります。勤め先に一度相談してみるといいでしょう。その他、より困難な病気を抱えた患者さんや家族に、質の高い看護を提供するための「専門看護師」という資格もあります。こちらは実務経験5年、うち3年は専門看護分野の経験を積んだ後、指定の大学院で専門の勉強をおこなうことになります。看護師をいったん離職する必要があるため、色々と考えなければいけないことが出てきますが、勤める医療機関によっては助成金制度などもありますので、一度確認してみましょう。

他にも、より患者さんのメンタルなケアができる心理カウンセラーやケア・カウンセラーの資格も無駄にはならないでしょうし、手話の技能を身につけておくのも役立つことと思います。ターミナルの患者さんの看護では、アロマテラピーやマッサージなどの資格も役立てられるかもしれません。こういった資格を取得すれば、かならず看護師長になれるというわけではありませんが、単純にキャリアアップにもつながりますし、看護職への意欲という点でも一定の評価が得られるはずです。あまり初めから色々と手を広げ過ぎる必要はなく、看護師になって最初の数年はとにかく臨床経験を多く重ねることに集中したほうが良いでしょう。その中で進みたい道が見えてきたら、キャリアアップを考えてみることをおすすめします。

看護師長求人サイトランキング!ここが人気のサイト!

  サービス名 利用料 運営企業 オススメ度 詳細
ナース人材バンク 無料 株式会社
エス・エム・エス
★★★★★ 詳細



>>看護師長求人サイトランキング!・2位以降を見る


Copyright (C) 2012 - 2014 看護師長.com<※看護師長の転職事情などを幅広に掲載中> All Rights Reserved.