精神病院の看護師長の求人は?

看護師長.com >> 精神病院の看護師長の求人は?

精神病院の看護師長の求人は?

2006年にそれまでの精神病院という呼び名から精神科病院と変更され、診療科も精神科・神経科・心療内科・メンタルヘルス科と病院やクリニックによっても呼び名が違っています。いずれにしても精神科病院と他の一般病院との違ですが普通は病院では看護師の仕事は患者さんへの問診や、検査・点滴・注射・与薬・食事の世話・排泄介助・検温・測脈・血圧測定・患者移送・清拭・入浴介助・ベッドメーキング・訪問介護などです。

このように一般病院ではバイタル測定や薬剤投与など患者さんのお世話が中心ですが、精神科病院では身体的な疾患ではなく精神的な疾患を抱えている方が患者さんなので一般病院の外来勤務や病棟勤務と比べると本来の看護師の仕事は少ないのです。むしろ精神科病院で働く看護師に求められているのは精神科の患者さんに対する理解と、どんな事態に対応できる判断力です。そのため女性の看護師が95%以上を占めるなかで、唯一精神科だけは男性の看護師が多く働いています。

これは一般病院の患者さんとは違い精神科病院の患者さんの場合は突然暴れたり、暴力を振るったりする恐れがあるからです。そのため女性の看護師の割合よりも、男性看護師が働いている割合が多いのです。そのため以前は精神病院の病棟の窓は、鉄格子が使われていました。しかし最近ではそんな病院は少なく、ほとんどの精神科病院や精神科がある総合病院などでは強化ガラスが使用されています。また病院自体も今はとても綺麗で、福岡にある精神科病院などはリゾートホテルのような雰囲気です。

少し特殊な精神科で働く看護師の給与は、他の診療科と比べても高めで求人も多いのが特徴です。それはやはり一般病院で働く看護師よりも、精神的にも肉体的にもタフさが求められるからです。では精神科病院の看護師長の場合はどうでしょうか。精神科病院に限らず病院の看護師長の役割は病院働く看護師のマネジメントで、特に男性看護師が多い精神科病院の看護師長は男性看護師を統括する管理職としての能力が問われます

精神病院の看護師長の求人ですが普通の看護師の求人のようには求人数は多くありませんが、ナース人材バンクやナースフルなどの看護師専門の転職サイトで探せば看護部長の求人よりは多くあります。ただ看護部長と同じでこれらの転職サイトでも、一般に公開されていない非公開求人がほとんどです。やはり管理職の求人情報だけに、ナイーブさがあるので仕方がないところです。

看護師長求人サイトランキング!ここが人気のサイト!

  サービス名 利用料 運営企業 オススメ度 詳細
ナース人材バンク 無料 株式会社
エス・エム・エス
★★★★★ 詳細



>>看護師長求人サイトランキング!・2位以降を見る


Copyright (C) 2012 - 2014 看護師長.com<※看護師長の転職事情などを幅広に掲載中> All Rights Reserved.