老人病院の看護師長の求人は?

看護師長.com >> 老人病院の看護師長の求人は?

老人病院の看護師長の求人は?

「療養型病床群」の名称でも知られる老人病院は、おもに要介護認定を受けた高齢者を対象とした医療施設です。比較的病状の安定した患者さんを収容するため、高度な医療が必要とされることはあまりなく、リハビリや継続的な看護が中心となります。そのため准看護師や、夜勤のみのパート看護師の活躍も多いのが特徴です。看護師長の募集も比較的多く、同じ療養型病棟の経験者であれば採用されることが多いでしょう。経験を積めば積むほど優遇されるのは、他の診療科と同じです。

ただし病院によっては、マンツーマンの研修を受けられるプリセプター制度を導入しているところもありますので、看護師として高齢者をケアしてきた経験のある方なら、採用される可能性も十分あります。他の科と比べると、高度な医療が求められることが少ないため、看護師長への道もわりと開かれているといえるでしょう。その分、看護師として専門的な知識やスキルをみがきたい方や、キャリアアップを考える方にはあまり向かないかもしれません。どちらかというと、介護職に興味のある方、じっくり高齢者と向き合いながらケアをしたい方に最適です。まずは看護師として老人病院に勤務し、経験を十分に積みながら看護師長を目指すのも1つの方法でしょう。

看護師長になるとマネジメントの仕事が中心となりますが、看護師の場合は介護の手伝いをおこなうこともあります。そのあたりの業務の分担は病院によっても大きく異なりますので、事前に確認することが大切です。また療養型ですので、夜勤が重要な仕事となります。看護師長は日勤が多いのですが、シフトについても事前の確認を徹底したいところです。夜勤といっても、老人病院の場合は緊急入院や、患者さんの容体の急変はわりと少ないため、他の病棟よりは精神的に楽といえます。中には、夜勤の看護師が1名というところも珍しくないようです。ただし老人病院は人材不足が懸念されていますので、役職にかかわらず夜勤シフトが増えることも考えられます。また万が一の容体の急変時には、1人で対処しなければいけないリスクもあるため、人員配置については事前にしっかりリサーチしておきましょう。

シフトや実際の仕事内容について正確な情報を得るのは、なかなか難しいものです。実際に働いてから「こんなはずじゃなかった」というケースも多く見られます。希望に合った職場を探すためにも、看護師専門の転職サイトや、転職を支援するエージェントに登録しておくと安心でしょう。その職場についての評判や勤務状況、人間関係といった情報までも入手しやすいのが、転職サービスの強みです。個人的には質問しにくいことでも、担当者が代行して直接病院に聞いてくれますので、転職を考える際にはぜひ活用したいところです。

看護師長求人サイトランキング!ここが人気のサイト!

  サービス名 利用料 運営企業 オススメ度 詳細
ナース人材バンク 無料 株式会社
エス・エム・エス
★★★★★ 詳細



>>看護師長求人サイトランキング!・2位以降を見る


Copyright (C) 2012 - 2014 看護師長.com<※看護師長の転職事情などを幅広に掲載中> All Rights Reserved.