老健・老人ホームの看護師長の求人は?

看護師長.com >> 老健・老人ホームの看護師長の求人は?

老健・老人ホームの看護師長の求人は?

老健とは介護老人保健施設のことで介護保険制度のもとで運営され、介護保険が適用される方々が利用できます。リハビリテーションを中心とした医療サービスが行われ在宅復帰を目的としていて、それに対して私たちが一般的に老人ホームと呼んでいるのが特別養護老人ホームです。介護老人保健施設とは異なり生活の拠点として、最期まで生活することができる施設のことを指します。介護老人保健施設の対象者は原則として要介護1〜5と認定された65歳以上の方と、特例として特定疾病に認定された40〜64歳までの方です。

ただ入所中の方の場合でもし介護認定で要支援や自立と認定された際は、介護老人保健施設からの退所が義務付けられています。介護老人保健施設は在宅復帰を目的としているので、3ヶ月毎に入所者ひとりひとりの健康状態をチェックしたりケアプランを作成します。そして在宅復帰後も支障がないように過ごせるように、家庭状況まで配慮した支援を行います。また退所した後でも在宅サービスを受けることが可能で、その場合は担当のケアマネージャがその方の健康状態や服薬や食事のことなどをすべて把握しています。

介護老人保健施設の場合は入所者100人に対して必ず常勤の医師を1人以上と、看護師10人以上を配置することが法律で義務付けられています。その点では特別養護老人ホームは入所者100人に対して看護師を3人以上を配置することだけで、常勤医師に関しては特には決められていません。そのためなかには、医師がいない施設も存在します。また介護老人保健施設がいずれ帰宅できる希望を持ってリハビリを行うのに対して、特別養護老人ホームの場合は一生そこで暮らす場所になります。

そのため介護老人保健施設には看護師の他にケアマネージャーや介護職員や、医師・理学療法士・作業療法士などが働いています。介護老人保健施設の看護師の仕事も入所者の食事・入浴・排泄の介助や、機能回復訓練やレクリエーションなどの手伝いなど多岐に渡っています。特別養護老人ホームでの看護師の仕事も似たようなものですが、特別養護老人ホームには医師が常駐していないので臨床経験が豊富な看護師が求められいます。

老健も老人ホームも高齢化が進む日本で需要が高まる一方で、どこも看護師不足に悩まされているのが現状です。そのためナース人材バンクやナースフルなどの看護師専門の、転職サイトにもたくさんの求人が掲載されています。看護師長の求人も公開求人で目にすることは流石に少ないようですが、一般に公開されない非公開の求人情報で探すことができます

看護師長求人サイトランキング!ここが人気のサイト!

  サービス名 利用料 運営企業 オススメ度 詳細
ナース人材バンク 無料 株式会社
エス・エム・エス
★★★★★ 詳細



>>看護師長求人サイトランキング!・2位以降を見る


Copyright (C) 2012 - 2014 看護師長.com<※看護師長の転職事情などを幅広に掲載中> All Rights Reserved.