看護師長になるには?

看護師長.com >> 看護師長になるには?

看護師長になるには?

看護師長になるには、まずは看護師としての経験を積み、スキルを上げていくことが第一です。これから学校を選ぶ学生さんの場合は、4年制大学に進んだほうが後々役立つかもしれません。現在すでに看護師として働いている人は、一段一段はしごを登るように、キャリアを重ねていくのが基本となります。とはいえ、看護師長への道のりは病院によってもかなり違うようです。一般的に看護師長というと、病棟や外来などにかならず1名置かれ、看護師たちをまとめたり、シフトを調整したり、後輩や新人看護師の教育にあたったりする役職になります。普通に考えて、大病院であればあるほど、その道のりは険しくなりますし、求められる学歴や資格も難易度が上がるでしょう。

まずは「副看護師長試験」にパスし、しばらく副看護師長として勤めた後で「看護師長試験」を受ける、というシステムの病院もありますし、ある程度の勤務年数で自動的に昇格となる病院もあります。自分の勤める病院のシステムについて理解し、その道が自分にも拓けそうかどうかを判断することも、看護師長への第一歩です。今の職場では自分の進みたい道は難しいと思うなら、キャリアアップを目指して転職するのも1つの方法でしょう。

また看護師としてのスキルはもちろんのこと、看護師長には人生経験も求められます。病棟のリーダーとして、時に患者さんやその家族の悩みを聞いたり、相談を受けたりすることもあるでしょう。いくら看護スキルが高くとも、そういった時に相手を元気づけ、癒やせる受け答えができるかどうかは、その人のキャラクターにかかっています。看護師として経験を積む中で、人間力をアップさせていくことも、良い看護師長になるためには欠かせないポイントといえそうです。人間力があってこそ、後輩看護師たちの信頼を集めることもできます。また看護部長などの上の役職と、看護師たちの板挟みになることも多いのが看護師長。そのあたりのバランス感覚も大切といえるでしょう。

看護業界には「キャリアラダー教育(研修)」というものがあります。看護師としてのスキルをみがく中で、将来自分はどのような方向に進んでいきたいのかを目標設定し、それに向かって段階的にキャリアアップしていく教育制度です。将来的に看護師長以上を目指す方は、ぜひ積極的に参加することをおすすめします。看護師の採用情報を扱う転職サイトやエージェントでは、キャリアラダー教育の制度を導入している医療機関を探すこともできます。また自分の目指す方向に合った職場の相談にも乗ってもらえますので、今の職場に疑問を感じている方はぜひ一度登録してみてはいかがでしょうか?

看護師長求人サイトランキング!ここが人気のサイト!

  サービス名 利用料 運営企業 オススメ度 詳細
ナース人材バンク 無料 株式会社
エス・エム・エス
★★★★★ 詳細



>>看護師長求人サイトランキング!・2位以降を見る


Copyright (C) 2012 - 2014 看護師長.com<※看護師長の転職事情などを幅広に掲載中> All Rights Reserved.