救命救急センターの看護師長の求人は?

看護師長.com >> 救命救急センターの看護師長の求人は?

救命救急センターの看護師長の求人は?

救命救急センターは、幅広い医療知識と臨機応変さが求められる、看護の中でももっとも難易度の高い分野です。それだけに、各科での臨床経験が必要とされることが多く、「経験ありき」の側面の強い職場といえるでしょう。看護師長として採用されるためには、やはり救急の現場での十分な経験が求められることが一般的です。

まずは救命救急センターで、看護師としてスキルをみがき、その上で採用情報を探しましょう。急患が運び込まれる救命救急センターでは、じっくりと研修をおこなう余裕もないところが多いもの。中途採用の看護師はとにかく即戦力として期待されますので、少なくとも経験のある診療科の知識やスキルは、相応にもっていなければ勤まりません。また救急では、あらゆる分野の知識が必要になりますので、つねに勉強していくことが不可欠です。TVドラマで見るよりもはるかに忙しく、責任も難易度も高い仕事といえるでしょう。実際、ドロップアウトしてしまう新卒者も多いようです。

どんな科の経験も救急では役立ちますが、中でも外科や循環器、脳外科、ICU、手術室の臨床経験のある人は勤まりやすくなります。看護師長の経歴をみても、ICU出身の方が多いようです。もしくは、新卒の時点で救急の現場に入った方もいます。そんなあわただしい救命救急センターにおいて、現場を管理する看護師長の仕事は非常に重大です。時間のない中でも新人看護師の教育をおこない、モチベーションを維持させることだけでも大変な仕事といえます。さらに1秒を争う現場で、的確な判断をおこない指示を与えることは、経験がなければできないのも当然といえるでしょう。

その名の通り、患者さんの命を急いで救う場所ですので、他の科とは求められるものも異なります。ただ優しく人望を集められるだけでは勤まらないでしょうし、治療の甲斐もむなしく亡くなる患者さんを見ることも多いため、精神的な強さも大切な適性です。その上で、看護師たちが仕事を続けやすい職場づくりをおこなっていくことになります。

救命救急センターは全国でも数が少なく、中でも高度救命救急センターとなると、数えるほどしか見つからないのが現状です。就職や転職を考えるなら、看護職に特化した転職サイトや、エージェントに登録することをおすすめします。キャリアラダー教育をとり入れている職場や、自分の持つスキルを求めている職場を探しやすくなりますし、実際の現場の雰囲気も教えてもらうこともできるでしょう。納得できる職場と出会うまで、何度でも紹介してもらえますので、ぜひ活用してみてください。

看護師長求人サイトランキング!ここが人気のサイト!

  サービス名 利用料 運営企業 オススメ度 詳細
ナース人材バンク 無料 株式会社
エス・エム・エス
★★★★★ 詳細



>>看護師長求人サイトランキング!・2位以降を見る


Copyright (C) 2012 - 2014 看護師長.com<※看護師長の転職事情などを幅広に掲載中> All Rights Reserved.