公立病院の看護師長の求人は?

看護師長.com >> 公立病院の看護師長の求人は?

公立病院の看護師長の求人は?

世の中が不景気になったり先行きに不安を感じ始めると、民間企業から公務員に転職を考える人が増えます。安部政権の経済政策で世の中の景気が良くなったと感じているのはごく一部の大手企業だけで、多くの中小企業やそこで働く人々は不安を抱えて暮らしています。看護師の方のなかにも民間の病院で働いていて勤務のあまりの激務から、大学病院や公立病院に転職したいと考えている方もいると思います。ただ大学病院や公立病院が民間の病院と比べて、勤務が楽かといえば決してそんなことはありません。

むしろ大学病院や公立病院の方が、勤務はハードかもしれません。それでも大学病院や公立病院への転職を目指す、看護師がいるのはそれなりの理由があるからです。大学病院も公立病院も民間の病院と比べると、最先端の医療技術を学ぶことができます。そのため専門看護師や認定看護師を志す場合は、大学病院も公立病院も支援体制やサポートが充実しています。またそれだけでなく公立病院で働く看護師の場合は、立場は当然ですが公務員になります

そのため例えば都内にある都立病院や各県にある県立病院や、市立病院などで働く看護師の場合は公務員ということになります。公務員として公立病院で働けば年に1回の昇給や、退職金も民間の病院よりも多いのが普通です。また年金も民間の病院よりも公務員の方が金額も多く、何よりも民間の病院のように潰れる心配がいりません。また民間の病院の場合は勉強会に出ても特に手当てもありませんし、残業手当さえ酷い場合はほとんどないところもあります。

その点では公務員の看護師の場合は残業代などは、超過勤務として働いた分だけ必ず支給されます。さらに休日出勤や民間の病院のような、無給の会議などもありません。ただ良いことばかりではなく比較的に若いうちは病院にもよりますが、民間病院の方が給与が高い場合が多く長く勤めて初めて差が付きます。そのためもし割り切って短期間に稼ぎたい、と思っているのであれば民間病院のほうが良いかもしれません。

さて公立病院の看護師長の求人ですが民間の病院の場合と同様に、看護部長や看護師長クラスの求人情報は看護師専門の転職サイトでも公開求人に掲載されることはまずありません。そのため公立病院とのつながりが強いナース人材バンクやナースフルなどの、転職サイトで情報を得るのが最も確実な方法です。特に公立病院の看護師長の求人は定年退職とか、欠員情報を事前に入手できる看護師専門の人材紹介会社だけです。

看護師長求人サイトランキング!ここが人気のサイト!

  サービス名 利用料 運営企業 オススメ度 詳細
ナース人材バンク 無料 株式会社
エス・エム・エス
★★★★★ 詳細



>>看護師長求人サイトランキング!・2位以降を見る


Copyright (C) 2012 - 2014 看護師長.com<※看護師長の転職事情などを幅広に掲載中> All Rights Reserved.