国立病院の看護師長の求人は?

看護師長.com >> 国立病院の看護師長の求人は?

国立病院の看護師長の求人は?

国立病院で働く看護師は国家公務員となるため、そのメリットの多さから就職を考える人も多いでしょう。求人は一般公募されることも多いのですが、不定期であることがほとんどです。さらに看護師長となると、普通の求職活動では難しくなりますので、できれば最初から国立病院でキャリアを積むのがもっとも確実ではあります。中途採用をねらう場合は、看護師専門の転職サイトやエージェントに登録して、相談してみましょう。

国立病院で働くメリットは色々とあります。看護師でありながら公務員という立場になるため、勤務年数に応じて基本給が確実に上昇していくことがまず挙げられるでしょう。また民間の病院と異なり、地域によって差がないのも大きな特徴です。全都道府県において一律の給与が支給されるのは大きなメリットといえます。新卒の場合、年収は他の病院と変わらないこともありますが、働き続けることによって明らかな差が出てくることが一般的です。

また住居手当や通勤手当、夜間看護手当、超過勤務手当などがしっかりとつきます。看護師長になると、役職の手当もプラスされることになるでしょう。さらに病院の経営事情によって給与に影響が出にくい点も、国立病院の良いところ。年金や退職金も、民間の病院より多めになりますし、福利厚生も充実していることが多いようです。さらに公務員という立場上、リストラの心配も基本的にはありません。たとえ病院がつぶれてしまっても、他の国立病院へ異動になるのが通常です。職が安定しているということは、非常に心強いといえます。診療科が多いため、自分に合わないと感じた場合は他の科に移ることも検討できますし、家族の事情で引っ越さなければいけない時も、基本的に全国の国立病院に転勤が可能である点も安心です。

もちろん郵便局のように、国立病院がこの先ずっと国立である保証はありませんが、少なくとも今のところ目立った変化の動きは見られません。ただデメリットとしては、看護師長になる前に転勤するケースがあるようです。また昇任試験を受けてパスする必要があります。もちろんその前に、十分な臨床経験と、実績に対する評価を得ることが必須となります。

多くの国立病院ではインターンシップをおこなっていますので、現場の看護師や看護師長に話を聞いてみるといいかもしれません。新卒者でなくても受け付けてくれることがあります。看護師長の中途採用の場合、民間の病院と比べると募集は少なくなりますが、非公開案件を多く取り扱っている転職サイト・エージェントに登録して、情報収集やアドバイスを受けるのがもっとも効率的といえるでしょう。

看護師長求人サイトランキング!ここが人気のサイト!

  サービス名 利用料 運営企業 オススメ度 詳細
ナース人材バンク 無料 株式会社
エス・エム・エス
★★★★★ 詳細



>>看護師長求人サイトランキング!・2位以降を見る


Copyright (C) 2012 - 2014 看護師長.com<※看護師長の転職事情などを幅広に掲載中> All Rights Reserved.