警察病院の看護師長の求人は?

看護師長.com >> 警察病院の看護師長の求人は?

警察病院の看護師長の求人は?

一般病院とは異なる病院としては警察病院の他にもNTT病院などの企業立病院や自衛隊病院や鉄道病院や、天理よろず病院などの宗教法人病院や農協や労災などが運営している特殊法人系病院があります。これらの病院はもともとはそこで働く公務員や社員やその家族のために作られたものです。しかし当初の目的はそうであってこれらの、ほとんどの病院では一般患者も診察してもらえます。もちろん警察病院も同じで以前は警察職員の福利厚生目的で作られましたが、今では一般にも開放され診察や治療が普通に行われています。

主な警察病院としては都内中野区にある東京警察病院などの他に横浜市西区にあるけいゆう病院や、関西では京都市北区にある京都警察病院や大阪市天王寺区にある大阪警察病院や大阪府茨木市にある北大阪警察病院などがよく知られています。それぞれその地域の地元では指折りの病院ばかりで最新の医療設備や器具が揃っていて、大学病院からも優秀な医師が派遣されることも多いのが特徴です。

例えば歴史がある東京警察病院は1929年3月18日に、警視庁職員で構成されている財団法人自警会の会員により開設されました。東京警察病院は地下2階で地上9階の屋上にはヘリポートがあり一般病床415床の、東京の災害拠点病院にも指定されている臨床研修指定病院です。一般の病院とは大きく異なる点は政府や警視庁本部の特命の医療活動で例えば、1996年12月に起きたペルーにある日本大使館占拠事件では特別医療チームが東京警察病院からペルーへ緊急派遣されました。また1995年3月に起きた地下鉄サリン事件でも、同様に援護活動が行われました。

また東京警察病院には多くの認定看護師が働いていますが、これらの認定看護師や他の資格保有者が中心となってリソースナース活動を行っています。リソースナースとは進歩する医療の現場で働く看護師たちを、最新の医療知識や技能で支援する看護師のことです。東京警察病院ではリソースナース全員でチームを組み、「実践・指導・相談の役割を果たし看護ケアの広がりと質の向上に寄与する」という活動理念を基に日々活動を行っています。

警察病院では全国にある各警察病院のホームページ上で、新卒および中途採用の看護師の求人を行っています。例えば正規職員の看護師であれば日勤が8:15〜17:00で夜勤が16:30〜翌9:00の二交代制で、夏季休暇や年末年始休暇を含み4週8休の年間公休日が129日です。ただ一般職員と違って警察病院の看護師長の求人は、ホームページでの募集は行われていません。ナース人材バンクやナースフルなどの、看護師専門の転職サイトで尋ねられるのが最も確実です。

看護師長求人サイトランキング!ここが人気のサイト!

  サービス名 利用料 運営企業 オススメ度 詳細
ナース人材バンク 無料 株式会社
エス・エム・エス
★★★★★ 詳細



>>看護師長求人サイトランキング!・2位以降を見る


Copyright (C) 2012 - 2014 看護師長.com<※看護師長の転職事情などを幅広に掲載中> All Rights Reserved.