看護師長と看護部長との関係は?

看護師長.com >> 看護師長と看護部長との関係は?

看護師長と看護部長との関係は?

看護師長と看護部長の関係は非常に病院の中で重要な部分を占めています。基本的に看護師は過酷な労働環境の中で、日々看護業務をこなしており、その業務の中でも病院の院内方針を反映しながら看護実践を行っているのですが、病院側の要求と実態の看護現場には大きな差があり、看護師の離職が高くなるリスクもはらんでいるのです。このようなミスマッチが起こらないようにするためには、看護部長と看護師長のコミュニケーションのやりとりが重要な役割を果たすことになるのです。

ここで看護部長は病院側の院内方針を病院内部全体に浸透させるのが主な役割であり、その一方で看護師長は現場の看護師の意見や状況を汲み取り、病院側へその内容を伝えることが仕事ですので、この両者の目的はある意味で全く逆の目的を意味することにもなるのです。したがって、この両者の調整によって、いかにうまく調整が行われるかによって、看護組織の運営や、病院経営がうまくいくかどうかが決まってくるのです。これは看護師にとっても病院にとっても、非常に重要な内容であり、このように看護部長と看護師長の人間関係がいかに円滑であるかどうかが、病院全体がうまく進むかどうかを決めると言っても過言ではありません。

看護部長の業務は主に看護部の責任者として、看護師の意見を病院に申告することや、看護組織に対して看護部の考え方や方針を周知していくこと、また看護部年の年間目標を具体的に提示し、ここの看護師にその目標を徹底していくという事になります。また医療事故や未然にそれらを防止するための処置や方針についての責任を負うことも看護部長の仕事なのです。また看護部として看護組織全体の定期的な見直しや、運用も看護部長の仕事となり非常に幅広い業務をこなさなければなりません。

一方で看護師長の仕事も看護師の技術面や精神面の教育や、フォローも含め、看護環境の改善などの業務、患者とのトラブルなどに関する解決と責任を持つことや、看護師の勤務管理や体調管理などの業務を行うことがその役割となっており、双方ともに非常に忙しいというのが現場でしょう。この両者が調整を行うこと自体が非常に難しいのですが、その調整をしっかり行っていかなければ、前述したように、いろいろな問題が病院内に起こってしまうわけです。したがって看護部長と看護師長の関係は、常時、常に良好でなければならず、看護師長としては、その辺の意識を常に持ちながら業務に努めなければなりません。

看護師長求人サイトランキング!ここが人気のサイト!

  サービス名 利用料 運営企業 オススメ度 詳細
ナース人材バンク 無料 株式会社
エス・エム・エス
★★★★★ 詳細



>>看護師長求人サイトランキング!・2位以降を見る


Copyright (C) 2012 - 2014 看護師長.com<※看護師長の転職事情などを幅広に掲載中> All Rights Reserved.