看護師長と副看護師長との関係は?

看護師長.com >> 看護師長と副看護師長との関係は?

看護師長と副看護師長との関係は?

看護師長の業務は非常に多岐に渡り、またその業務のどれもが看護組織については重要な業務ばかりです。看護業務に従事する看護師の技術面や、精神面のフォローやサポートを行ったり、看護環境の問題を発見した場合は、看護環境の改善を行わなければなりません。また病院側の院内方針を看護組織に周知徹底や、指導を行ったり、他の医局などとの調整業務を行うような業務もありその業務範囲は非常に広い多岐にわたった業務範囲となっています。

現実的に看護組織を一つにまとめていくために、病院によっては配置している看護師の数に見合った管理者を用意するという見地から、看護師長とは別に、副看護師長を配置している病院もあります。当然ながら副看護師長の業務というのは、看護師長をサポートし、看護師長の業務の延長上の業務をこなすいうことになのですが、看護師長側とすれば、この副看護師長は業務を遂行するうえで、重要なポジションになります。したがって両者の人間関係は非常に親密であり、連携のとれたものでなければならず、看護師長がいかに副看護師長との人間関係を構築し、副看護師長に最大限の能力を発揮させるかということが、看護師長としての業務をこなしていく中で、非常に重要な役割を果たすことになります。

これは一言で言うのは簡単ですが、実際にそのような人間関係を構築するのは非常に難しく、野球で言うとピッチャーとキャッチャーのようなバッテリーの関係を構築しなければならないので、以心伝心ができるレベルに人間関係が構築されなければなかなか業務遂行は円滑に進まないということになります。また副看護師は看護師長から見ると半分は管理者としての立場であり、またもう半分は看護師たちの声を集約した情報を集める立場としての役割も果たしますので、そのようなポイントにも重点を置いて、ここの役割に応じた分担業務を行えるようになることが理想です。

このように看護師長と副看護師長の関係は、看護組織を運営していく上で、非常に重要な関係となっており、看護師長が看護組織を運営していく上で、副看護師長との関係は組織運営上、欠かせない関係となっているのです。また看護師長と副看護師長の両者による人間関係としては、当然ながら副看護師長は将来の看護師長候補となりますので、看護師長としての心構えや、業務に対する取り組みの姿勢など、看護師長となるための教育を独自に行わなければならず、それも看護師長の1つの仕事となるわけです。日々の業務を遂行しながらこのような教育業務も行わなければならず、またそれをしっかり行わなければ、副看護師長との人間関係の構築もままなりませんので、どれも看護師長にとっては手が抜けない業務となっています。

看護師長求人サイトランキング!ここが人気のサイト!

  サービス名 利用料 運営企業 オススメ度 詳細
ナース人材バンク 無料 株式会社
エス・エム・エス
★★★★★ 詳細



>>看護師長求人サイトランキング!・2位以降を見る


Copyright (C) 2012 - 2014 看護師長.com<※看護師長の転職事情などを幅広に掲載中> All Rights Reserved.