看護師長は男性でもできる?

看護師長.com >> 看護師長は男性でもできる?

看護師長は男性でもできる?

2002年に男女雇用均等法が制定されてから、看護婦という名称は消え、男女問わず看護師と呼ばれるようになりました。それでも、まだまだ「女性の仕事」というイメージの強い世界ではあります。看護師長となると、一般的にはなおさら男性のイメージはないかもしれません。しかし、実際は看護師長として活躍する男性は全国にいます。数は多くありませんが、病院によっては看護部長を務める男性もいるほどです。病院も、男性看護師の採用を積極的におこなうところが増えています。女性看護師と異なり、出産や育児休暇をとる必要が基本的にないため、安定した労働力として重宝されているのです。

正社員として採用されずに悩む男性が多い中、看護業界は事情が逆転しているのもメリットです。病院という、景気に左右されない職場な上、高齢化社会にともなって利用者と看護側の人数バランスが大きく崩れてきています。働く側が良い条件の職場を選べますので、男性の活躍できる仕事としても今後ますます注目されていくことでしょう。その中で、管理職というポジションについて、看護師たちをまとめていく男性もさらに増えていくものと思われます。

患者さんにとってはどうかというと、やはりまだまだ根強い偏見は残るものの、いずれ時代の流れとともに払拭されていくことでしょう。女性患者にとっては、ケアの内容によっては同性の看護師さんのほうが好ましいものですが、それは男性患者にとっても同じです。排泄ケアなどは、男性看護師にしてもらったほうが気楽だ、という声も聞こえてきます。看護師長という仕事でいえば、たとえば細やかな気配りや共感といった面では女性のほうが長けているかもしれませんが、男性はその分、リーダーシップや理知的な判断能力に優れています。メンバーを統括し、部下に教育するスキルは、女性より劣るとはいえないため、男性であっても十分活躍の可能性が期待できる職務といえるでしょう。とくにICUや手術室まわりでは、男性としての特性を活かしやすいといわれます。「力」と「機械」が必要とされるセクションだからです。数字やデータを把握しながら看護をマネジメントしていく能力は、男性ならではのものといえるかもしれませんね。

男性のさらなる活躍が期待される看護業界。転職をお考えの男性は、転職サイトやエージェントを利用するのもおすすめです。豊富な知識と経験をもつ転職のプロによるサポートを受けられますので、個人的に求職活動するよりも、男性を歓迎する職場を見つけやすくなるでしょう。

看護師長求人サイトランキング!ここが人気のサイト!

  サービス名 利用料 運営企業 オススメ度 詳細
ナース人材バンク 無料 株式会社
エス・エム・エス
★★★★★ 詳細



>>看護師長求人サイトランキング!・2位以降を見る


Copyright (C) 2012 - 2014 看護師長.com<※看護師長の転職事情などを幅広に掲載中> All Rights Reserved.