看護師長は大卒しかダメ?

看護師長.com >> 看護師長は大卒しかダメ?

看護師長は大卒しかダメ?

看護師長になるのに、学歴は関係あるでしょうか?多くの方が「大卒以上でないと難しいのでは?」と思っているようです。実際には、そのような明確な規定があるわけではありません。看護師の資格があり、実務経験を積めば、誰にでもなれる可能性はあるといえるでしょう。今も看護師長を務めている方の多くが、看護の専門学校を卒業された方たちだと思います。しかし、時代の流れとともに事情が変化しているのも事実です。現在の看護師長、看護部長クラスの方たちが学生だったころには、看護の専門学校を卒業する看護師がほとんどであり、大卒者はほんの一部でした。しかし徐々に看護師も高学歴化が進み、大卒もそれほど珍しいものではなくなっています。

医療がますます高度化していく中、看護師の学ぶべき知識や、身につけるべき技術量が圧倒的に増えたのが一因です。さらに大学院において専門看護師の資格を取得できるようになったことから、大学を卒業して看護師として勤めた後、大学院へ入り直して専門看護師となって戻る人も増えています。そのまま博士課程まで進んで、ドクターの資格を得る看護師もいるほどです。これまでは、看護師の世界でも年功序列のシステムが機能していましたが、時代の変遷とともに変わってきていることは否めません。病院によっても異なりますが、大きな病院であればあるほど、看護師長以上のクラスを目指すには、それなりの学歴と知識が求められる方向に来ています。また大学病院などでは、やはり学閥があるため、その大学の出身者がエリートコースを歩むという現実もまだまだあるようです。

何より重要なのは、看護師長以上になると、その仕事には看護スキルのみならず、リーダーとしての資質やマネジメント能力が求められるということです。人によって適性もあるため、看護師として働く中で自分はどの道に進みたいのか、どこで1番輝けるのかを、つねに考えることが大切といえます。臨床の場でずっと活躍していくのも、看護師としての1つの立派な生き方ですし、認定看護師や専門看護師の資格をとって、特定の科目のスペシャリストを目指すのも1つの道です。看護師長として、後輩の指導や病院の運営に関わりたいと思う人は、その方向に進む。つまり、看護師と一口にいっても以前と比べて、その役割がさらに細分化されてきたといえるでしょう。

病院によっても大きく異なりますので、看護師長を目指す人は大卒でなくてもそのチャンスがある職場を選ぶことも大切です。転職サイトやエージェントを活用すると、進みたい道に合った病院を見つけやすくなります。また看護師長に任命されるためには、学歴のみならず、看護師としての実績に対する評価が前提となるのも事実。まずは可能性のある職場で精いっぱい仕事をこなし、必要に応じてスキルアップを並行していくことをおすすめします。

看護師長求人サイトランキング!ここが人気のサイト!

  サービス名 利用料 運営企業 オススメ度 詳細
ナース人材バンク 無料 株式会社
エス・エム・エス
★★★★★ 詳細



>>看護師長求人サイトランキング!・2位以降を見る


Copyright (C) 2012 - 2014 看護師長.com<※看護師長の転職事情などを幅広に掲載中> All Rights Reserved.